「デトックス」という言葉自体は世に登場して久しいが…

「デトックス」という言葉自体は世に登場して久しいが、あくまでも「健康法」や「代替医療」のひとつだと捉えており、医師が施す「治療行為」とは別物だと解っている人は想像以上に少ないのだ。

デトックスというものは、身体の内部に溜まってしまった様々な毒を体の外へ排出させるという健康法の一種でカテゴリーとしては代替医療に類別される。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。

メイクアップでは傷などを隠すことに主軸を据えるのではなく、リハビリメイクの力を借りて結果的には患者さん自身が自らの容貌を認知し、社会生活への再出発を果たすこと、またQOL(クオリティーオブライフ)を更に高めることが理想なのです。

美容外科の手術を行ったことについて、恥ずかしいという感情を抱く患者も割と多いため、手術を受けた人のプライドやプライバシーを損ねないような注意が特に大切である。

皮膚のターンオーバーが乱れてしまうと、様々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現するようになります。ほうれい線などのしわ・シミ・くすみ・クマ・たるみ・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、言い出せばキリがありません。

「デトックス」法にリスクや課題はないと言えるのだろうか。そもそも体の中に溜まるとされる毒というのは一体どんな性質のもので、その毒とやらはデトックスによって体外へ流せるのだろうか?

乾燥肌による痒みの誘因のほとんどは、年齢を重ねることによる角質層の細胞間脂質と皮脂の量の衰退や、固形石鹸などの頻繁な利用による皮ふのブロック機能の低下によって出てきます。

今を生きている私達は、常時体内に溜まっていく悪い毒を、多くのデトックス法の力で追いやり、藁にも縋る想いで健康体を手に入れようと尽力している。

20代、30代に発生する、治りにくい“大人ニキビ”の女性がじわじわと増加している。10年間もこういった大人のニキビに苦痛を感じ続けている方々が専門の皮膚科の門をたたく。

顔の加齢印象を強める代表的な因子のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の外側には、見えないくらい小さな凸凹があり、生活の中で黄ばんだ着色や食物カスの汚れが蓄積しやすくなっています。

美容外科というものは、ヒトの身体の機能上の欠損や変形の修復よりも、もっぱら美意識に基づく人の体の外観の向上に取り組む医学の一つであり、完全に独立している標榜科目でもあるのだ。

ここ数年で一気に市民権を得たデトックスとは、体の内側に溜まっている様々な毒を体の外へ排出させることを重視した健康法でダイエット法というよりも代替医療に区分けされている。「detoxification(解毒)」の短縮形であり、大元の単語とは若干ニュアンスが違っている。

ネイルケアというものは爪をより一層健康的な状態にキープすることを目的にしているため、爪の健康状態を知っておくとネイルケアの技術向上のためにより役立つし無駄がないのだ。

内臓の健康状態を数値で測ることのできる優秀な機械があります。『ノイロメーター』という名前の医療機器で、人間の自律神経の状態を数値化して、内臓が健康かどうかを知ろうという内容のものです。

下まぶたのたるみが出現すると、男女関係なく本当の歳よりも4~5歳は年上に映ってしまいます。皮ふのたるみは数あれど下まぶたは目立つ部分です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*