お肌の若々しさを保持する新陳代謝、要は皮ふが生まれ…

お肌の若々しさを保持する新陳代謝、要は皮ふが生まれ変わることが出来る時間帯は極めて決まっており、夜中睡眠を取っている間だけです。

現代に生きるにあたって、体の内側には人体に良くない影響を及ぼすケミカルな物質が溜まり、その上自身の体の中でも老化を促進する活性酸素などが次々と生産されていると報じられている。

意識していなくてもPCやスマホの画面に集中し過ぎて、眉間にシワを寄せ、その上への字口(余談ではありますが、私はシルエットから取って「富士山口」と名付けました)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

ネイルケアは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れ全般を指す。美容だけでなく、健康、ファッション、巻き爪処置などの医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全といったいろんなジャンルがあり、もはやネイルケアは欠かせないものと言っても過言ではない。

よく女性誌でリンパ液の滞りの代表格であるかのように書かれる「浮腫」には2つに大別すると、身体に病気が隠れている浮腫と、病気ではない健康な人にも発生するむくみがあると言われている。

例えば…今、パソコンを眺めながら頬杖をついていますか?実はこの姿勢は手の力を全開でほっぺたに当てて、薄い皮膚に余計な負担をかけることにつながっているのです。

浮腫みの要因は人それぞれですが、気温など季節の作用もあると聞いたことはありませんか。気温が上がり大量の水を飲み、汗をかく、夏にこそ浮腫みになる因子が存在しているのです。

現代を生き抜く私たちは、毎日体に溜まっていくという悪い毒を、色々なデトックス法を用いて外に排出し、藁にも縋る想いで健康な体を手中に収めたいと皆努力している。

肌の乾燥の要因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の低減は、アトピー性皮膚炎患者のように先天的な要素によるものと、高齢化や基礎化粧品や洗浄料による後天的な要素にちなんだものの2種類に大別できます。

更に日々のストレスで、心にまでも毒物は山のごとく蓄積してしまい、同時に体の不具合ももたらしてしまう。この「心身ともに毒だらけ」というような感覚こそが、苛まれた現代人をデトックスに駆り立てるのだ。

美容整形をおこなう美容外科は、正しくは外科学の一種で、医療を目的としている形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは異質のものである。また、整形外科と混同されがちだがこれも全く違う分野のものである。

美白化粧品だということを正式なツールで謳うには、薬事法を管轄する厚生労働省に許可されている美白に効く成分(ほとんどアルブチン、コウジ酸等)を含んでいる必要があるそうです。

肌の美白指向には、90年頃から次第に女子高生に受け入れられたガングロなど、不自然なまでに日焼けする奇異なギャル文化への反論とも取れる考え方が存在している。

化粧の長所:外観が美しくなる。メイクも礼儀のひとつ。実際の年齢より大人っぽく見える(あくまで24才以下限定の話です)。人に与えるイメージを多彩に変化させられる。

細胞が分裂する作用を活発にして、皮膚を再生させる成長ホルモンは昼の活動している際はほぼ分泌されなくて、夕食を終えてゆっくりと体を休め安らかな状態で出ると言われています。

マユライズ 通販

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*