ことに夜10時~2時までの4時間は皮ふのゴールデン…

ことに夜10時~2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムと言われており、お肌の生まれ変わりがより一層活性化します。この夜10時から2時の間に睡眠を取ることが最良の美容術だといえるでしょう。

ネイルケア(nail care)は、手足の爪や甘皮などのお手入れを指す言葉。健康、ビューティー、ファッション、医者による医療行為、生活の質(quality of life)の保全など色々な活躍の場が存在し、もはやネイルケアは欠かせないものとなっているのは周知の事実であろう。

化粧の短所:皮膚への影響。毎朝化粧するのは面倒くさくてたまらない。化粧品の費用がやたらとかさむ。皮膚が荒れる。メイク直しや化粧をする時間の無駄だということ。

明治時代の末期に外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風の服、洋式に使う化粧品・美顔術などを紹介したことから、これらを言い表す言葉のひとつとして、美容がけわいに取って代わって使用されるようになった。

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を添加している美肌水は皮ふに優しく、肌が乾燥しやすい人に効果的な化粧水です。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を加えていないため、敏感肌の人でも使うことができます。

なんとなくPCやスマホの画面に集中しすぎてしまい、眉間にしわを寄せ、且つへの字口(余談ですが私は「富士山口」と名付けています)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

どっちにしても乾燥肌が暮らしや身辺の環境に深く関係しているのならば、日々の慣習に気を付ければほとんどの肌のトラブルは解決するのです。

肌の細胞分裂を促して、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している時間帯はほとんど分泌されなくて、日が落ちてから身体を休め寛いでいる状態で分泌されます。

メイクの欠点:泣く時にまさしく修羅のような怖い形相になる。ほんのちょっとミスしただけで下品になってみすみす地雷を踏んでしまうことになる。素顔をごまかすには限界というものがあること。

乾燥による掻痒感の原因のほとんどは、老化に伴うセラミドと皮脂の量の低落や、せっけんなどの頻繁な洗浄による皮膚のブロック機能の落ち込みによって生まれます。

細胞が分裂する働きを促して、皮膚を生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している時間帯はほぼ出なくて、暗くなってからゆっくりと身体を休め穏やかな状態で分泌されます。

フェイスラインの弛みは要らなくなった老廃物や余分な脂肪が集積することにより徐々に促進されます。リンパ液の流通が鈍化すると老廃物が蓄積してむくみが出たり、余った脂肪が溜まりやすくなり、弛みへと繋がります。

スカルプは顔の皮膚と繋がっているため、額までの部分をスカルプと同一だとみなすのはさほど知られていません。老化に従ってスカルプがたるんでくると、フェイスラインの弛みの要因となります。

昼間、いつもはそんなにむくまない顔や手に酷い浮腫が見られた、十分寝ているのにも関わらず脚の浮腫が引かない、などの症状は疾患が原因かもしれないのでかかりつけ医による迅速な治療が必要でしょう。

「デトックス」という言葉そのものはさほど目新しくはないが、あくまでも健康法や代替医療の一種に過ぎないものであり、治療とはまったく違うということを分かっている人は思いの外少ないのだ。

マユライズ 使用方法

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*