よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれ…

よく美容の雑誌や書籍には、顔が小さくなって肌がきれいになり、ダイエットできるし、デトックスできる、免疫の向上などなど、リンパ液の流れを良くすればみんな解決する!というような内容のフレーズが軒を連ねている。

軟部組織マニプレーションとは一部の筋肉や骨格のおかげで位置がおかしくなってしまった臓器をもともと収まっていたであろう所にもどして内臓機能を活性化させるという施術なのです。

ともかく乾燥肌が日常の暮らしや周辺の環境に大きく関係しているのなら、日々のちょっとした身のまわりの癖に注意さえすれば大部分のトラブルは解消するのではないでしょうか。

もうひとつ挙げると、お肌のたるみに大きく絡んでくるのが表情筋。色々な表情を生み出す顔にある筋肉を指しています。コラーゲンと同じく、この表情筋の働きも老化とともに鈍くなります。

マスカラなどのアイメイクを落とす時に化粧をきれいに落とそうとしてゴシゴシと強くこするようにして洗うのが習慣になってしまうと皮膚が荒れたり腫れる等の炎症を起こして色素沈着がおこり、目の茶色いクマの原因になります。

爪の生産行程はまるで木の年輪のように刻まれるというものであることから、その時の体調が爪に表れることが多く、毛髪と同じように一目で理解しやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれているらしい。

日本人が「デトックス」に魅力を感じる理由として考えられるのは、日本人が暮らす環境が悪化していることにある。空気や土壌は化学物質で汚れ、果物などの食物には化学肥料や危険な農薬がふんだんに使用されていると言われている。

強いUVを浴びたときに極力ダメージを抑える方法を3種類。1.日焼けしたところを冷却する2.多めにローションを付けてきちんと潤いを保つ3.シミ予防のためにも剥がれてきた表皮をむいては絶対に駄目だ

残業、飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日のお弁当作りや朝食の下準備…。お肌が荒れるというのは知っていても、実際の生活では8時間もの睡眠時間を確保できていない人が大半を占めているのは明らかです。

慢性的な寝不足は人の肌にはどういうダメージを与えるのかお分かりですか?その代表格が肌のターンオーバーの遅れです。皮膚の入れ替わるサイクルが遅れます。

美白(ホワイトニング)という美容法は1995年から1999年頃にかけて美容家の鈴木その子が薦めて流行ったが、もっと前からメラニン色素の増加が原因のシミ対策のキーワードとして用いられていた。

幅広い年代の女性がおこなうピーリングとは、時間の経った不要な角質をピール(peel:はぎ取るという意味)することによって、若くてキメの細かい表皮に入れ替え、ターンオーバーを促す分かりやすい美容法です。

美容外科とは、正しくは外科学の中のジャンルであり、医療を目標とした形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは別種のものである。加えて、整形外科とも混同されることがよくあるがこれは全く異分野のものだ。

身体に歪みが生じると、内臓が互いに押し合って、つられて他の臓器も引っ張り合い、位置異常、内臓の変形、血液や細胞の組織液、ホルモンの分泌にもよろしくない影響をもたらします。

患者は個人個人肌の質は違いますし、先天的な乾燥肌なのか、もしくは生活習慣などによるドライスキンなのかというタイプによって治療法が大きく違ってきますので、意外と注意が必要とされます。

マユライズNAVI

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*