アイカラーなどのアイメイクを落とす時にきちんと落と…

アイカラーなどのアイメイクを落とす時にきちんと落とすためにゴシゴシこすってクレンジングした場合、皮膚が荒れたり炎症を起こしたりして色素沈着が起こり、目の下の茶色いクマの原因になるのです。

多くの人たちが「デトックス」に魅力を感じる理由の一つとして挙げられるのは、私たちが暮らしている環境が汚れていることにある。空気や土壌は化学物質で汚染され、果物などの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬がたっぷりかけられていると噂されているのだから無理もない。

日本の医療全般がQOL(quality of life)を重視する傾向にあり、物づくりに代表される日本経済の爛熟と医療市場の大幅な巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は4~5年前ぐらいから最も人気のある医療分野だろう。

美容誌においてまるでリンパ液の滞りの代名詞であるかのように書かれている「むくみ」には大きく2種類に分けて、身体に病気が潜んでいる浮腫と、病気ではない人でも起こる浮腫があるということだ。

頭皮のお手入れの主なねらいは健康的な毛髪を保持することにあります。髪の毛に水分がなくまとまりにくくなったり抜け毛が気になり始めるなど、たくさんの人が髪の毛の悩みを持っています。

内臓が健康かどうかを数値で見ることができる嬉しい機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた医療機器で、人間の自律神経の状態を計測して、内臓が健康かどうかをモニタリングできるという便利なものです。

思春期は過ぎているのに現れる難治性の“大人ニキビ”の社会人が増加傾向にある。10年間しつこい大人のニキビに苦痛を感じ続けている患者さんが専門の皮膚科を訪れている。

デトックスというワード自体は既に浸透しているが、間違いなくこれは「代替医療」や「健康法」のひとつに過ぎないもので、治療とはまったく違うということを自覚している人は意外と多くないらしい。

よく女性誌でまるでリンパ液の滞留の代名詞のように掲載されている「むくみ」には大きく分類して、体の内側に潜んでいる病気によるむくみと、病気ではない健康な人にもよく起こるむくみがあるのだ。

顔色を良く見せたいという気持ちでやみくもにフェイシャルマッサージをする方がいるようですが、目の下の表皮は薄くて弱いので、こするように力任せにおこなうだけの粗っぽいマッサージは止めておきましょう。

美容外科とは、人間の身体の機能上の欠損や変形を矯正することよりも、専ら美意識に基づいて人の身体の容姿の改善を主軸に据える医療の一種で、独自の標榜科目でもあるのだ。

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を添加した美肌水は皮ふに優しく、ドライスキンの方におすすめの化粧水です。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を使っておらず、皮ふの敏感な方でも使用することができます。

強い紫外線を浴びたときにできるだけ肌のダメージを抑える方法を3種類。1.日焼けして赤くなっている部分を冷やす2.いつもより多めに化粧水を付けてしっかり保湿3.シミにならないように表皮をむいてはダメだ

メイクの長所:自分の顔立ちが少し好きになれる。顔に無数に点在するニキビ・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・傷等を隠すことが可能。徐々にかわいくなっていく高揚感。

日本皮膚科学会の判別基準は、①激しい掻痒感、②独自の発疹とその点在ポイント、③慢性更には反復性の経過、3つすべてに該当する病気を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と称しています。

マユライズ 使い方

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*