アトピーの素因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、…

アトピーの素因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち何れか、もしくは2つ以上)、IgE 抗体を生成しやすいと思われる主因、など。

たとえば…あなたは今この瞬間、PCを見つめながら頬杖をついたりしていませんか?この体勢は手の圧力をフルに頬に当てて、お肌に対して大きな負荷をかけることに繋がります。

内臓矯正は周辺の筋肉や骨格が絡んで位置が合わない臓器を元々あった所に戻して臓器の動きを正常化するという方法です。

メイクの利点:自分自身の顔が少しだけ好きになれる。顔に点在している面皰跡・クスミ・毛穴の開き・ソバカス・傷を隠せる。段々と美しくなっていく新鮮味。

化粧の悪いところ:皮ふへの影響。毎朝の化粧が面倒だ。化粧品の費用がやたらめったらかかる。皮膚が荒れる。何度も化粧直しやメイクをする時間の無駄だ。

身体中に存在するリンパ管と並行するように移動している血の動きが遅くなってしまうと、重要な栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、結果として不要な脂肪を多く溜めさせる原因になるのです。

美白(びはく)という美容法は95年から99年頃にかけて化粧品会社創業者・鈴木その子が火付け役となって流行したのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニン色素の増加が原因の様々な肌トラブル対策のタームとして活用されていたようだ。

加齢印象を与える主要な素因のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。歯の表層には、見えないくらい小さな凸凹があり、日々の暮らしの中で黄ばんだ着色やタバコのヤニ汚れが固着していきます。

むくむ原因は諸説存在しますが、気圧など気候の作用もあるということを知っていますか。気温が上昇して朝から晩まで汗をかく、この期間にむくみの原因が内在するのです。

内臓の健康度を数値で見ることができる優秀な機械があります。『ノイロメーター』という名前の医療機器で、人間の自律神経の状態を測って、内臓が健康かどうかが確認できるという画期的なものです。

アトピー誘因:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)のうち一つ、又は2種類以上)、IgE 抗体を産生しやすいと思われる素因、など。

美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの方法で容姿や見た目を更に美しく装うために手を加えることをいう。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)と同様に使用されていたらしい。

20代になってから出現する難治性の“大人のニキビ”が増加している。10年という長い間こうした大人のニキビに苦痛を感じている人々が専門の皮膚科を訪問している。

健康補助食品などで知られるヒアルロン酸は細胞間に多く含まれ、優れた水分保持力や衝撃を吸収するクッションの機能によって細胞を保護していますが、老化とともに体の中のヒアルロン酸は年々少なくなっていきます。

リハビリメイクという新しい言葉には、肉体にダメージを被った人のリハビリと同様、容姿にダメージを負った人が社会復帰のために勉強する技法という意味が含まれているのです。

マユライズ マツキヨ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*