アトピー主因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、…

アトピー主因:家族の病歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)の中から一つ、若しくは複数)、IgE 抗体を生み出しやすい原因、等。

美容雑誌でリンパの停滞の代表のように書かれる「浮腫」には大きく2種類に分けると、身体のどこかに潜んでいる病気による浮腫と、何も病気を持っていない健康な人でもよく起こるむくみがあるということだ。

20才を過ぎてから出現する難治性の“大人ニキビ”が増加している。10年という長期間このような大人のニキビに悩み続けている方が皮膚科のクリニックに救いを求めてやってくる。

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)はヒトの細胞と細胞の隙間に多数含まれ、水分を蓄えたり衝撃を吸収する緩衝材の働きをして細胞を保護していますが、年齢にともなって体内のヒアルロン酸は徐々に減ります。

メイクのメリット:新しい製品が発売された時の高揚感。自分のすっぴんとのギャップにはまる。多種多様なコスメに費用をかけるとストレスが解消できる。メイクをすることそのものの面白さ。

メイクの長所:容貌が向上する。化粧も嗜みのひとつ。実年齢より年上に見せたいという願望を叶えられる(10代から20代前半に限ります)。印象を思い通りに変化させられる。

最近よく耳にするネイルケアとは、手足の爪とその周辺の皮膚のお手入れを指す。美容だけでなく、健康、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といったいろんな活躍の場が存在し、今やネイルケアはなくてはならないものとなっているのは周知の事実であろう。

デトックス法は、健康食品の使用やサウナで、そんな体内にある有毒な成分をできるだけ体外へ出そうとする技術のひとつの事を指しているのだ。

日本の医療がQOL(quality of life=生活の質)を重視する流れにあり、製造業に代表される日本経済の完成と医療市場の急速な拡大もあって、美容外科(Cosmetic Surgery)は今最も注目されている医療分野のひとつだ。

本来、健康的な皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は28日周期になっていて、いつも肌細胞が生まれ、毎日毎日剥がれ落ちていることになります。このような「日々の生まれ変わり」によって人の皮膚は若々しい状態をキープしています。

例を挙げれば…今、このサイトを見ながら頬杖をついているのではありませんか?実はこのクセは掌の力をめいっぱいダイレクトにほっぺたに伝えて、繊細な皮膚に大きな負担をかけることになるのです。

例えるなら…今、このサイトを見ながら頬杖をついているのでは?この姿勢は掌の力をめいっぱい直接頬へ当てて、薄い皮膚に大きな負担をかけることに繋がります。

美容悩みから解放されるには、最初に自分の臓器の状態を検査してみることが、更に美しくなるための近道になるのです。それでは、一体どんな方法で自分の臓器の具合を調べられるのでしょうか。

ほっぺたや顔のたるみは年老いて見られる要因です。皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみに繋がりますが、加えていつもおこなっているささいなクセも誘因になるのです。

乾燥肌によるかゆみの原因のほとんどは、加齢に伴うセラミドと皮脂の減少や、ハンドソープなどの頻繁な利用による肌の保護機能の無力化によって出現します。

マユライズNAVI

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*