スポーツなどでたくさん汗をかいて体のなかの水分が少…

スポーツなどでたくさん汗をかいて体のなかの水分が少なくなってしまうと自然におしっこの量が減らされて体温調節に欠かせない汗のための水分が溜められるため、この余計な水分が使われないとあの浮腫みの原因になっていると言われています。

掻痒などが出るアトピーとは「場所が限定されていない」という意味を持つ「アトポス」というギリシャ語が由来で、「遺伝的な素因を保有した人だけに発病する即時型アレルギー反応に基づく病気」に対し名付けられたのである。

本来、健康的な皮ふの新陳代謝は4週間毎のサイクルになっており、何時も細胞が作られ、1年365日剥がれ落ちています。この「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態を保っています。

現代社会を暮らす私たちには、体の内部には人体に良くない影響をもたらす化学物質が蓄えられ、加えて自らの体の中でも老化を促進する活性酸素などが生まれていると喧伝されているらしい。

中でも夜10時~2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりがより活性化する時間帯です。この夜10時から深夜2時の間に良質な睡眠をとることが何にも勝る美容術だということは間違いありません。

例えるなら…あなたは今、このサイトを眺めながら頬杖をついているのではないでしょうか?この行為は掌の圧力を直接頬に与えて、繊細な皮膚に大きな負荷をかけることに繋がっているのです。

日本皮膚科学会の判定基準は、①酷いかゆみ、②固有の発疹とその場所、③慢性更には反復性の経過、3点ともチェックが入る疾患を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と言っている。

美白(びはく)という考え方は95年から99年頃に美容研究家で料理研究家の鈴木その子の活躍とともに流行ったのは記憶に新しいが、それ以前からメラニン増加が原因の黒ずみ対策に活用されていたようだ。

早寝早起きはもちろん、週2、3回自分が楽しいと感じることを続ければ、心身の健康のレベルはアップすると考えられています。こんな場合も起こるので、アトピー性皮膚炎の人は皮膚科のクリニックを受診して相談してみましょう。

トレチノイン酸治療は、頑固な色素の強いシミをほんの数週間で薄い色にするのにすこぶる適した治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑・吹き出物などに効果的です。

加齢印象を与えてしまう重要な元凶のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯の表には、目には見えない凸凹があり、日常の暮らしの中で黄ばみや煙草の脂などの汚れが蓄積しやすくなります。

ここ日本において、皮膚が白く黄ぐすみや濃いシミが見られない素肌を好ましく受け止める習慣は相当古くから存在しており、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

下まぶたのたるみを解消する方法で有効なのは、顔面のストレッチ体操です。顔の筋繊維は意識していなくても強張ったり、その時の気持ちに左右されていることがままあるのです。

内臓の健康状態を数値で見られる特別な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた医療機器で、人間の自律神経のコンディションを調べることで、内臓の様子を知ろうという応用範囲の広いものです。

化粧の欠点:崩れないように化粧直しをしなければいけない。クレンジングして素顔に戻った時に味わうガッカリ感。コスメにかかるお金が案外馬鹿にならない。すっぴんでは外に出られない強迫観念のような思い込み。

マユライズNAVI

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*