ターンオーバー(新陳代謝)が遅れると、ありとあらゆ…

ターンオーバー(新陳代謝)が遅れると、ありとあらゆる肌のエイジング現象や肌トラブルが起こります。老けて見られるシワ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・吹き出物・乾燥など、書きだしてみたらキリがありません。

老けて見えるフェイスラインのたるみは要らなくなった老廃物や余分な脂肪が集まることで徐々に促進されます。リンパ液の移動が鈍化すると不要な老廃物が蓄積し、むくみが出たり、脂肪が付きやすくなり、たるんでしまうのです。

本来、健やかな皮膚のターンオーバー(新陳代謝)は4週間周期になっていて、1日毎に肌細胞が生まれ、1年365日剥落しています。こうした「日々の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しい状態を保ち続けています。

美容の悩みを解決するには、最初は自分の臓器の具合を調べてみることが、ゴールへの第一歩になります。ここで気になるのが、一体どのようにしたら自分の臓器の具合を確認できるのでしょうか。

下まぶたのたるみの改善策で最も有効なのは、ずばり顔のストレッチです。顔の筋繊維は意識していないのに固まっていたり、その時の精神状態に左右されていることがよくあるようです。

さらに日々の生活のストレスで、メンタルな部分にまで毒素は山のように蓄積され、体の不具合も起こしてしまう。このような「心身ともに毒まみれ」という不安こそが、多くの人をデトックスへと駆り立てる。

私たちが「デトックス」に心惹かれる理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らしている環境の悪さだろう。空気や土壌は化学物質で汚れ、穀類や野菜などの食物には化学肥料や危険な農薬がたっぷりかかっていると宣伝されているのだから無理もない。

ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪や指のお手入れ全般を指す言葉。美容だけでなく、健康、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全など多彩なシーンで活躍しており、既にネイルケアは確立された分野となっているようだ。

この国において、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみや目立つシミが無い素肌を好ましく捉える美意識が現代以前からあって、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。

掻痒などが出るアトピーとは「限定されていない場所」という意味を持つアトポス(ギリシャ語)から来ており、「何かしらの遺伝的な因子を保有した人だけに発症する即時型のアレルギー反応に基づいた病気」に対し名付けられたと言われている。

中でも22時~深夜2時までの240分の間はお肌のゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の生まれ変わりが更に促進される時間帯です。この22時から深夜2時の間に睡眠を取ることが一番効果の高いスキンケアの方法ということは間違いありません。

皮膚の奥深くで誕生した肌細胞はじわじわとお肌の表面へと移動し、最後は肌表面の角質層となって、時が来れば剥がれていきます。このサイクルこそがターンオーバーというわけです。

どうにかしようと考えて自己流のフェイシャルマッサージをする人もいるようですが、こと目の下の皮膚は薄くて繊細なので、強く大雑把なフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。

頭皮のお手入れはスカルプケア(scalp care)とも言われています。頭皮(スカルプ)は髪の毛の症状である「抜け毛」「薄毛」に非常に大きく関係していると同時に、フェイスラインのたるみなどにも影響を及ぼすのです。

肌のターンオーバーが滞ってしまうと、様々なお肌のエイジング現象やトラブルが起こります。目元などのシワ・濃くなるシミ・顔色の冴えないくすみ・隈・たるみ・ニキビ・乾燥など、言い始めたらキリがないくらいなのです。

マユライズ モニター

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*