トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は…

トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、色素の強いシミをいち早く薄い色にするのにかなり効果のある治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・女性ホルモンと関わりがある肝斑・にきびなどに用いられます。

仕事、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ中継・翌日の夫のお弁当作りや食事の準備…。お肌が荒れてしまうというのは知っていても、実際の生活においては7時間もの睡眠時間を持てない人がほとんどだと思われます。

ネイルケア(nail care)というのは、爪や甘皮などの手入れを指す。ヘルスケア、ビューティー、皮膚科の医療行為、生活の質の保全というような多くのシーンで活躍しており、もはやネイルケアは欠かせないものとなっているようだ。

動かずに硬直した状態では血行も滞りがちです。その結果、目の下の辺りを始め顔中の筋肉の力が落ちてしまいます。そこで顔中の筋繊維もよくストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐすことが大事です。

リハビリメイクという造語には、様々な身体の機能に損傷を被った人の理学療法のリハビリテーションと同様、容姿に損傷をこうむった人が新たな社会生活を送るために学ぶ技法という意味が含まれています。

最近再注目されるようになった頭皮ケアは一般的にスカルプケアとも呼ばれるお手入れ方法です。頭皮はヘアの困り事の代表である「脱毛」「薄毛」に非常に大きく関わると同時に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響を及ぼしています。

ホワイトニングというのは、メラニン色素の沈着が少ない、より一層白い肌を重視する美容上の観念、及びこのような状態の皮ふのことを言う。主に顔面の肌について使われる言葉である。

よく美容の雑誌や本には、小顔に美肌、痩身効果があり、デトックス効果がある、免疫力アップなどなど、リンパ液の流れを整えれば全てが思い通りにいく!という嬉しくなるようなフレーズが踊っている。

思春期ではないのに出来る難治性の“大人ニキビ”が多くなっているようだ。10年間もこういった大人のニキビに苦しまされている人達が皮膚科のクリニックを訪れている。

皮ふの乾燥の素因の一つであるセラミドと皮脂の低減は、アトピー性皮膚炎患者などの遺伝子によるものと、逃れようのないエイジングやコスメなどによる後天的な要素に縁るものの2種類に大別できます。

日本皮膚科学会の判断基準は、①強い痒み、②特殊な皮疹とその点在ポイント、③慢性で反復性もある経過、全て当てはまる疾患を「アトピー性皮ふ炎」と言っている。

日頃から習慣的に爪の具合に気を付ければ、些細な爪の変調や体調の異変に配慮し、もっと自分に見合ったネイルケアを実行することが可能だ。

最近よく聞くデトックスとは、身体の内側に蓄積された不要な毒素を排除させるという古くからの概念を継承した健康法で民間療法や代替療法に区分けされる。「detoxification」を短縮した言葉です。

歯の美容ケアが肝要と感じている女性は増加傾向にあるものの、実際におこなっているという人はそう多くはない。その理由でもっとも多いのが、「どのようにして手入れしたらよいか分からないから」というものらしい。

アトピーという言葉は「限定されていない場所」という意味のギリシャ語「アトポス」から派生し、「何かしらの遺伝的因子を持つ人に症状が出る即時型アレルギーを主とする病気」の事を指して名前が付けられたのだ。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*