ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、…

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、頑固な濃いシミを数週間単位で淡色にするのに特に効果のある治療法で、原因不明の老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・肝斑(かんぱん)・しつこく繰り返すニキビなどに効きます。

紫外線を浴びたことによって濃くなったシミを目立たなくさせようとするよりも、シミが作られないようにあらかじめ予防したり、お肌の奥に隠れているシミの赤ちゃんを防御する方が大切だということをご存知でしょうか。

肌の美白指向は、90年頃から次第に女子高校生などに広がりを見せたガングロなど、不自然なまでに日焼けする独特なギャルファッションへの反対ともとれる思考が存在している。

日本皮膚科学会の判別基準は、①激しいかゆみ、②特殊な発疹とその分布場所、③慢性で反復する経過、3点すべてチェックが入るものをアトピー(atopic dermatitis)と称しています。

アトピーの原因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)の内いずれか、もしくは2つ以上)、IgE 抗体を生成しやすいと思われる誘因、等。

湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の要因としては、1.口腔内や肺、腸内や表皮等の細菌叢、2.遺伝的因子、3.栄養面での原因、4.環境面での問題、5.それ以外の要素の見方などが挙げられるだろう。

美容外科(plastic surgery)は、とどのつまり外科学の一種で、医療がメインの形成外科学(plastic surgery)とは違っている。また、整形外科学とも間違われがちだがこれも分野の違うものだ。

我が国では、皮膚が白く淀んだくすみや濃いシミが存在しない状態を理想とする慣習が以前から浸透し、「色の白いは七難隠す」という諺もある。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を加えている美肌水はお肌に優しく、お肌が乾燥しやすい方におすすめの化粧水です。防腐剤や芳香剤など余分なものを混ぜていないため、敏感肌の人でもご使用いただけるのが特長です。

メイクアップの長所:自分自身の顔立ちがちょっとだけ好きになれること。顔にたくさん点在するニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・傷跡等が上手に隠れる。ゆっくりと可愛くなっていくワクワク感。

最近よく耳にするデトックスとは、人間の身体の中に蓄積された様々な毒素を排出することを重視した健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に分けられる。「detoxification」を短く言い表した言葉です。

アトピーという言葉は「特定されていない場所」という意味のアトポスと言うギリシャ語を語源としており、「遺伝的な原因を保有している人だけに発病する即時型のアレルギーに基づいた病気」の事を指して名前が付けられた。

寝る時間が短すぎるとお肌にはどんな悪影響を与えるかご存知ですか?その代表格ともいえるのが新陳代謝の遅れです。正常なら28日単位である肌の生まれ変わる周期が遅れがちになってしまいます。

身体に歪みが起こると、臓器がお互いを押し合って、他の臓器も引っ張られ、位置の異常、臓器の変形、血液や組織液に加えてホルモンの分泌などにもよろしくない影響を与えます。

大方は慢性化するが、正しい手当によって症状・病態が統制された状況に保つことができれば、自然寛解が予期できる疾患なので諦めてはいけない。

マユライズ 効果

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*