メイクのメリット:外見が向上する。お化粧も嗜みのひ…

メイクのメリット:外見が向上する。お化粧も嗜みのひとつ。本当の年齢より年上に見られる(ただし20代前半まで限定)。人に与える自分自身のイメージを変幻自在に変えられる。

思春期は終わっているのに発生する難治性の“大人ニキビ”の患者さんが増えているようだ。10年間この大人ニキビに四苦八苦している人達が専門の皮膚科にやってくる。

女性たちが「デトックス」に魅力を感じてしまう理由として考えられるのは、我々日本人が暮らしている環境が汚染されていることにある。空気や土壌は化学物質で汚れ、コメや野菜などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬がたっぷり使われていると噂されている。

動かずに硬直したままでは血行が良くなるはずがありません。結果的に、下まぶたを筆頭に顔の筋繊維の力が落ちます。顔中の筋肉も十分にストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐす必要があるのです。

足などの下半身は心臓から離れているため、重力が影響してリンパの流動が悪化するのが通常だ。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパ液がやや悪くなっているという証の一種程度のものだと受け取ったほうがよい。

頭皮の手入は一般的にスカルプケアとも名付けられています。スカルプは毛髪の症状である「脱毛」「薄毛」に非常に大きく関係していると同時に、フェイスラインの弛みにも影響しています。

美容成分としても名高いヒアルロン酸は人の細胞間に多数含まれ、優れた保湿力やクッション材の役割を担って細胞を防護していますが、加齢にともなって体の中のヒアルロン酸は年々少なくなります。

美白(ホワイトニング)という美容法は90年代後半に美容家で料理研究家の鈴木その子の台頭とともに人気に火が付いたが、1990年代前半にはメラニン増加による様々な皮膚トラブル対策のキーワードとして用いられていた。

気になる下まぶたのたるみを解消・改善する方法で効果が分かりやすいのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。顔面の表情筋は意識していなくても強張ってしまったり、気持ちに左右されている場合がよくあるようです。

肌の生成に欠かせないコラーゲンは、UV-A波やUV-B派などの紫外線に当たってしまったり物理的な刺激を長期間に渡って受けてしまったり、日々のストレスが蓄積したりすることで、損傷を受け、なおかつ生成されにくくなっていきます。

なんとなくPCに集中してしまい、眉間にはしわ、その上に口角を下げたへの字ぐち(この形を私はシルエットがそっくりなので「富士山口」と勝手に名付けています)なのではありませんか?これはお肌の大敵です。

フェイスラインの弛みは不要な老廃物や余った脂肪が溜まることによりどんどん進行します。リンパ液の動きが鈍くなると不要な老廃物が溜まり、浮腫が出たり、脂肪が付きやすくなり、たるみに繋がります。

細胞分裂を活発化させて、お肌を再生する成長ホルモンは昼の活動している時間帯には分泌されなくて、夕飯を終えてゆったりと体を休めくつろいだ状態で出るためです。

よく美容雑誌でリンパの停滞の代名詞みたいに書かれる「浮腫」には2つに大別すると、身体のどこかに病気が潜伏しているむくみと、病気のない健康体にも現れるむくみがあるということらしい。

肌が乾燥する誘因である角質の細胞間脂質と皮脂の量の衰退は、アトピーなど遺伝子によるものと、逃れようのない高齢化やスキンケア化粧品などによる後天的な要素に縁るものが存在します。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*