メイクアップのメリット:自分自身の顔が少し好きにな…

メイクアップのメリット:自分自身の顔が少し好きになれること。顔にたくさん存在する面皰・くすみ・毛穴・ソバカス・傷跡等を隠すことができる。回数を重ねるごとに美しくなっていくおもしろさやドキドキ感。

かつ、肌の弛みに大きく関わるのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を作っている顔の筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同じく、この表情筋の働きも歳をとるにつれて鈍化してしまうのです。

ドライ肌とは、お肌の角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が通常のレベルよりも下落することで、肌(表皮)にある潤いが蒸発し、肌の表面がパリパリに乾燥してしまう症状を示しているのです。

「デトックス」法に危険性や問題点は本当に無いのだろうか。第一、体に溜まるとされている毒物とは一体どんなもので、その「毒」とやらは「デトックス」によって体外へ排出されるのか?

更に日々のストレスで、メンタルな部分にも毒物は山のように積み重なり、同時に身体の不調ももたらす。この「心も体も毒まみれ」というような意識が、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てている。

美容とは、結髪や化粧、服飾などを利用し容貌や容姿を更にきれいに見せるために形作ることを言う。古く江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使われていたようである。

よく美容誌でまるでリンパの滞りの代表みたいに掲載される「浮腫」には大きく分類して、身体の中に隠れている病気による浮腫と、特に健康面で問題のない人でも出現するむくみがあると広く知られている。

そうした時に多くの皮膚科医がまず使用するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬も併せて使えば6ヶ月ほどで元通りに持ってくることができたケースが多いと言われている。

20才を越えてから出来る難治性の“大人のニキビ”の社会人が多くなっている。10年という長期間こういった大人ニキビに悩まされている方が皮膚科の医院の門をたたいている。

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を配合して作られた美肌水は低刺激で肌に優しく、お肌が乾燥しやすい人に適しています。防腐剤や香料などを使用していないため、敏感肌の人でも使用できるのが特長です。

アトピーという病名は「不特定な場所」という意味の「アトポス」というギリシャの言語から派生しており、「遺伝的な素因を持つ人のみに表出する即時型アレルギー反応に基づいた病気」の事として名付けられたのである。

内臓の元気具合を数値で測ることのできる特別な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、自律神経の状況を計測して、内臓のトラブルを把握しようという応用範囲の広いものです。

アイメイクを落とす時にしっかり落としたい一心でゴシゴシと強くこするように洗った場合、皮膚が傷ついたり腫れる等の炎症を起こして色素沈着してしまい、目の茶色いクマの原因となるのです。

我が国の美容外科の歴史では、美容外科が「紛れもなく真っ当な医術」だとの評価と地位を手に入れるまでには、割合時間を要した。

美白指向には、90年頃からすぐに女子高生などに取り入れられたガングロなど、不自然なまでに日焼けする渋谷系ギャルファッションへの反論的な思考が含まれている。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*