乾燥肌による掻痒感の誘因のほとんどは、加齢に伴う角…

乾燥肌による掻痒感の誘因のほとんどは、加齢に伴う角質の細胞間脂質と皮脂の減量や、ハンドソープなどの頻繁な使用による肌のバリヤー機能の消滅によって出てきます。

美白(びはく)という言葉は1995年から1999年頃にかけて美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が推奨してブームになったのは記憶に新しいが、もっと昔からメラニンの沈着が原因のシミ対策において採用されていた。

屋外で紫外線を浴びたときになるべくダメージを小さくする方法を3つ紹介しましょう。1.日焼けしたところを冷却する2.十分にローションを付けて保湿する3.シミを作らないためにも表皮をむいてはいけない

睡眠時間が不足するとお肌にはどのようなダメージをもたらすかご存知ですか?その代表が肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れ。皮膚の生まれ変わるスピードが遅れます。

明治末期に外国帰りの女たちが、洋風の髪、洋風のファッション、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらを新たに表現する日本語として、美容がけわいの後釜として使用されるようになったのだ。

近頃人気の頭皮ケアは一般的にスカルプケアとも名付けられているお手入れ方法です。スカルプは髪のトラブルである脱毛や薄毛にとても密に関わると供に、顔の弛みにも影響を及ぼしているのです。

美容整形をおこなう美容外科は、いわゆる外科学の中のジャンルであり、医療を目標とした形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違う。加えて、整形外科学とも間違われがちだがこれも全く分野違いである。

深夜残業、飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や朝食の下準備…。お肌が荒れてしまうというのを分かっていても、日常に置いては十分に睡眠時間を確保できない方が大半を占めると思われます。

普段からネイルの状況に気を付けることで、微々たる爪の異常や体の変化に注意し、より自分にフィットしたネイルケアを実践することが可能だ。

寝る時間が不足すると皮膚にはどんな悪影響を与えるのか分かりますか?その答えのひとつはターンオーバー(新陳代謝)の遅れです。お肌の入れ替わるサイクルが遅れやすくなります。

最近よく耳にするネイルケアとは、手足の爪や甘皮などの手入れ全般を指す言葉。美容だけでなく、健康、ファッション、皮膚科医による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といったありとあらゆるジャンルがあり、今やネイルケアは一つの確立された分野となっているのだ。

現代を生き抜く私たちは、1日毎に体内に溜まっていく恐怖の毒素を、多くのデトックス法を使って追い出し、なんとしてでも健康体を手に入れたいと必死になっている。

肌の美白指向は、90年代前半からじわじわと女子高生などに浸透したガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする渋谷系ギャル文化への批判的な思考が存在している。

尚且つ、皮膚の弛みに大きく結びついているのが表情筋。これは色々な表情を生み出す顔にある筋肉を指しています。肌の真皮に存在するコラーゲンと同じく、この筋肉の機能も加齢にともなって鈍化してしまうのです。

審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美しさに重きを置いたトータルな歯科医療の分野。歯の持つ役割には機能面と審美面があるが、2つとも健康面では外せない要素だと断言できる。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*