乾燥肌による痒みの誘因のほとんどは、老化による角質…

乾燥肌による痒みの誘因のほとんどは、老化による角質細胞間脂質と皮脂の量の衰退や、固形石鹸などの過度の洗浄による肌の保護機能の消失によって出てきます。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と繋がっている事の内、皮ふの継続的な炎症(湿疹・掻痒感など)がみられるもので要は皮ふ過敏症の仲間なのだ。

「デトックス」法には問題やリスクは本当に無いのだろうか。だいたい、体に蓄積されてしまう毒素というのは一体どのような物質で、その「毒」とやらは果たして「デトックス」で流せるのか?

美容整形をおこなう美容外科というのは、要するに外科学の中の一つであり、医療を目標とした形成外科(plastic surgery)とは別種のものだ。加えて、整形外科学と混同されやすいのだがまったく分野違いである。

美容悩みを解消するには、ファーストステップとして自分の内臓の状態を調べてみることが、問題解決への第一歩となるのです。ここで気になるのが、一体どんな手段を使えば自分の内臓の調子を調査できるのでしょうか。

レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、目立つ濃色のシミをいち早く淡色に和らげるのにことのほか有効な治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに用いられます。

美容外科(Cosmetic Surgery)とは、ヒトの体の機能上の欠損や変形の修正よりも、専ら美意識に従って人の体の容姿の改善を図る臨床医学の一種であり、独自性を持った標榜科目のひとつだ。

男女問わず浸透してきた頭皮ケアは別称スカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。頭皮(スカルプ)は髪の問題の代表である「抜け毛」「うす毛」などにとても大きく繋がっていると同時に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響しているのです。

スカルプは顔の皮膚と一続きになっているため、額もスカルプと一緒と捉えるのはまだあまり有名ではありません。歳を重ねるにつれスカルプがたるんでくると、その下にある顔のたるみの主因になります。

肌のハリの源であるコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線にさらしてしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を受けてしまったり、心や体のストレスが澱のように溜まったりすることで、損傷を受け、あろうことか生成することが難しくなっていくのです。

スカルプは顔の皮膚とつながっていて、おでこまでは頭皮と全く一緒だとみなすのはまだあまり知られていません。加齢に伴って頭皮がたるみ始めると、その下にある顔面のたるみの要因になります。

頬や顔の弛みは老けて見えてしまう原因です。皮ふの張りや表情筋と呼ばれる筋肉の衰えが弛みをもたらしますが、実をいうと日々の暮らしにおける何気ない仕草も原因になるのです。

日本皮膚科学会の判断指標は、①強い痒み、②特殊な皮疹とその拡散エリア、③慢性更には反復性の経過、3項目全部チェックが入る病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と呼んでいる。

お肌の新陳代謝が狂ってしまうと、様々な肌の老化現象や肌トラブルを招きます。目元などのしわ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインが下がるたるみ・ニキビ・肌荒れ・乾燥など、挙げたらキリがありません。

肌の奥で生まれる細胞は徐々に皮ふの表面へと移動し、最後は角質となって、約28日経つとはがれていきます。このシステムが新陳代謝の内容です。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*