化粧の長所:外観がきれいになる。化粧も礼儀のひとつ…

化粧の長所:外観がきれいになる。化粧も礼儀のひとつ。実際の歳より大人っぽく写る(あくまで10代から20代前半限定の話です)。印象を好みで変化させることができる。

審美歯科(しんびしか)とは、第一に美を考えた総合的な歯科医療のこと。歯の役目には機能面と審美的な側面があるが、前者も後者も健康という観点ではとても大切な要素だと言えよう。

美容悩みを解消するには、とりあえず自分の臓器の調子をみてみることが、美容悩みからの解放への第一歩になります。それにしても、一体どんな手段を使えば自分の臓器の調子が分かるのでしょうか。

細胞が分裂する活動を活発にして、皮膚を再生させる成長ホルモンは明るい時間帯の活動している時には出ず、夕飯を済ませて身体を休め寛いだ状態で分泌されます。

美容外科(Cosmetic Surgery)は、身体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、もっぱら美意識に基づいてヒトの体の外見の向上を目指すという医学の一つで、独自の標榜科目のひとつである。

女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌がきれいになり、痩身、毒素の排出、免疫力アップなどなど、リンパ液の流れを良くすればすべてのことが思い通り!という華やかなフレーズが載っている。

頭皮は顔の皮ふとつながっていて、額もスカルプと一緒だとみなすのはまだあまり知られていません。老化に伴って頭皮が弛んでくると、その下にあるフェイスラインのたるみの要因になります。

肌のハリの源であるコラーゲンは、太陽からの紫外線に当たったり何らかのダメージを受けてしまったり、仕事など心身両面のストレスが積み重なったりすることで、損傷を受け、行く行くは作ることが困難になっていくのです。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た症状とつながっている状態のうち特に皮ふの持続的な炎症(湿疹・掻痒感など)を認めるものであり皮ふ過敏症のひとつである。

頬やフェイスラインのたるみは老けて見られてしまう要因に。皮膚の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の老化がたるみを招きますが、実を言えばいつもおこなっている何気ない習慣も誘因になります。

日本皮膚科学会の判断基準は、①強い痒み、②独特の皮疹とその分布場所、③慢性的に反復する経過、3項目全部該当する疾患をアトピー(atopic dermatitis)と呼びます。

お肌の新陳代謝が狂ってしまうと、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルを招きます。老けて見えるシワ・シミ・くすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・吹き出物・肌荒れ・乾燥など、挙げたらキリがありません。

掻痒等が出るアトピー性皮膚炎の主因として、1.腸内や表皮、肺や口腔内などの細菌叢、2.遺伝的な要因、3.食物の栄養、4.生活環境、5.これ以外の要素の学説が現在は主流だ。

左右の口角がへの字型に下がっていると、肌の弛みは少しずつ目立つようになっていきます。しっかりと唇の両端を持ち上げて笑顔を意識していれば、たるみの防止にもなるし、何より見た感じが美しくなると思います。

体に歪みが生じると、内臓同士が圧迫し合ってしまい、つられて他の臓器も引っ張られて、位置の異常、変形、血液や細胞の組織液の生成、ホルモンバランスにもあまり良くない影響を齎します。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*