多くの女性が「デトックス」に惹かれる理由の一つとし…

多くの女性が「デトックス」に惹かれる理由の一つとして考えられるのは、我々日本人が暮らす環境の悪化だろう。空気や土壌は化学物質で汚染され、コメや野菜などの食物には化学肥料や農薬がたくさん含まれていると実しやかに囁かれている。

内臓が元気か否かを数値で見られる特殊な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、人間の自律神経の状態を計測して、内臓の病気が確認できるというのです。

サンバーンを起こして出来たシミを消そうとするよりも、シミが発生しないように防護したり、肌の奥に潜むシミの種子を防ぐ方が肝要だということを知っていましたか。

よく目立つ目の下の弛みの解消・改善策で有用なのは、ずばり顔面のストレッチです。顔にある表情筋はいつの間にかこわばったり、心の状態に絡んでいる場合がままあります。

メイクの良いところ:容貌が美しくなる。メイクも礼儀のひとつ。実年齢より年上に見せることもできる(ただし10代~20代前半限定)。自分自身のイメージを気分で変えられる。

ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、頑固な色素の強いシミを短期間で淡色にするのに格段に有効な治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・吹き出物などに優れた効果があります。

美白用の化粧品だと正式なツールでPRするためには、薬事法を制定している厚生労働省に認められている美白成分(よく扱われるのはアルブチン、こうじ酸など)を採用している必要があるそうです。

美容目的で美容外科の手術を受けたことに対して、人には言えないという感覚を抱く方も少なくないので、施術を受けた人たちの名誉及び個人情報を冒さないように工夫が必要だといえる。

現代を生きていく私達には、人の体内には体に良くない影響を及ぼすケミカルな物質が増え、その上に己の体内でも細胞を傷つける活性酸素などが誕生していると言い伝えられている。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力によってリンパの流れが悪くなることが普通である。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパ液がやや悪くなっていますよという表れ程度に受け取ったほうがよい。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)を服薬だけで良くしようというのには無謀な事だと言わざるを得ません。生活環境や楽しいことなどライフスタイルすべての思考まで視野を拡げた治療方法が欠かせません。

無意識の内にPCの画面に集中し過ぎて、眉間にはしわ、かつ口角の下がったへの字(ちなみに私はシルエットから取って「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)になっているのでは?これはお肌の大敵です。

化粧の悪いところ:泣く時にまさしく阿修羅のような怖い顔になってしまう。ちょっとミスしただけで下品になったり地雷を踏んでしまう。ごまかすのにも甚だ苦労する事。

多くの人が「デトックス」の虜になってしまう最大の理由として考えられるのは、我々日本人が暮らす環境が悪化していることにある。大気や土壌は化学物質で汚され、果物などの食物には化学肥料や有害な農薬が多くかけられていると喧伝されている。

フェイスラインの弛みは不必要な老廃物や余分な脂肪が溜まることにより徐々に促進されます。リンパの循環が鈍化すると老廃物が蓄積してむくみが出たり、余った脂肪が溜まりやすくなり、たるみに繋がります。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*