審美歯科(しんびしか)というのは、第一に美を考えた…

審美歯科(しんびしか)というのは、第一に美を考えたトータルな歯科医療のこと。歯の役目には咀嚼などの機能的な一面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、両方とも健康面においては欠かせない要素だと言えよう。

唇の両端、即ち口角が下がっていると、お肌のたるみは少しずつ悪くなります。キュキュッと口角を持ち上げて笑顔でいるように意識すれば、弛み予防にもなるし、人に与える印象も素敵だと思います。

あなたは、果たしてご自分の内臓は元気であると断言できるほどの自信がおありでしょうか?“全然やせない”“肌が荒れる”といった美容にまつわるトラブルにも、実際は内臓がキーポイントとなっています!

コスメによるアンチエイジングをして「老け顔」から脱出せよ!お肌の性質をきちんと見極めて、あなたに合うコスメを選び、ちゃんとお手入れすることで「老け顔」とお別れしましょう。

サンバーンを起こして出来たシミをどうにか薄くしようとするよりも、できてしまわないようにあらかじめ防護したり、肌の奥に巣食っている表出していないシミを防御する方が肝要だということをご存知でしょうか。

ターンオーバー(新陳代謝)が狂いがちになると、様々なお肌のエイジング現象やトラブルが出現します。老けて見られるシワ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・くま・弛み・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、まだまだ書き出してみればキリがないでしょう。

現代社会を暮らすにあたっては、ヒトの体内には体に悪影響を与える化学物質が溜まり、加えて自身の体内でも老化を促す活性酸素などが発生していると言い伝えられているようだ。

顔の加齢印象を与える最も重要な誘因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。歯の表側の層には、見えないくらい小さな凸凹があり、日常の暮らしの中で茶色っぽい着色やタバコの脂などの汚れが蓄積していきます。

ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪とその周辺の皮膚の手入れを指す言葉。美容だけでなく、健康、ファッション、医学的な処置、生活の質(QOL)の保全など多彩なジャンルがあり、今やネイルケアは一つの確立された分野と言えよう。

皮膚の若々しさを生み出すターンオーバー、即ち肌を入れ替えることが可能な時間は一部に限定されており、それは夜中に寝る時だけなのだそうです。

メイクアップのメリット:自分自身の顔立ちが少し好きになれること。顔にたくさん存在するニキビ跡・クスミ・毛穴・そばかす・ひっかき傷を隠すことが可能。段々と魅力的になっていく新鮮味。

化粧の良いところ:新しい商品が出た時の購買欲。メイク前のすっぴんとのギャップが楽しみ。いろんな化粧品に資金を費やすことでストレスを発散できる。化粧そのものの興味。

メイクのデメリット:泣いてしまうとまさに修羅のような恐ろしい顔になる。少しだけ多くなっても下品になったり地雷を踏む。ごまかすのにも限界がある点。

アイカラーなどのアイメイクを落とすときに化粧をしっかり落とさなければいけないとゴシゴシこすってクレンジングするのが習慣になってしまうとお肌が傷ついたり炎症を起こす等して色素沈着してしまい、目の下の隈の元凶になります。

我が国では、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや目立つシミが存在しない素肌を好ましく考える感覚が現代以前から根付いており、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*