思春期は終わっているのに発生する難治性の“大人のニ…

思春期は終わっているのに発生する難治性の“大人のニキビ”の社会人が徐々に増えている。10年という長期間こうした大人ニキビに苦痛を感じている方が医院を訪問している。

更に日々の暮らしのストレスで、心にまでも毒は山のように蓄積され、同時に体の不具合も引き寄せてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」という感覚が、苛まれた現代人をデトックスへと駆り立ててやまない。

ネイルケア(nail care)というものは、爪の手入れ全般を指す。ヘルスケア、ビューティー、医師による医療行為、生活の質の保全といったいろんな扱い方が存在し、もはやネイルケアは確立された分野と言えるだろう。

それぞれ患者によって肌の性質は異なりますし、先天的なドライスキンなのか、それとも後天的なものによるドライスキンなのかによって対応方法が異なってきますので、思っている以上に注意が必要とされるのです。

顔の加齢印象を与える最大の要素の一つが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。歯の外側には、見えないくらい小さな凸凹があり、日々の生活の中でカフェインなどによる着色やタバコのヤニ汚れが付きやすくなっています。

アトピーという病名は「場所が限定されていない」という意味を持つ「アトポス」というギリシャの言語から来ており、「遺伝的な原因を保有している人のみにみられる即時型のアレルギー反応に基づいた病気」のこととして名付けられたのである。

押し戻してくる皮膚の弾力感。これを左右しているのは、化粧品でおなじみのコラーゲンなのです。バネの役目をするコラーゲンが確実に皮ふを下支えしていれば、肌はタルミとは無縁でいられます。

お肌の若々しさを保つ新陳代謝、即ち皮膚を生まれ変わらせることができる時間帯は一部に限定されており、それは夜中就寝している時しかないのです。

お肌の奥で生み出された肌細胞は時間をかけて皮ふの表面へと移動し、最終的に皮膚の表面の角質となって、約4週間経つと自然にはがれ落ちていきます。この仕組みが新陳代謝というわけです。

最近再注目されるようになった頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも言われます。頭皮(スカルプ)は髪の毛の症状の代表である抜け毛やうす毛などに非常に深く関わっていると供に、フェイスラインの崩れやたるみにも悪影響を及ぼします。

現代を生きる私達は、日を重ねるごとに体の中に溜まっていくという悪い毒素を、様々なデトックス法を試用して追い出し、藁にもすがる想いで健康体になろうと尽力している。

皮ふのサンバーンによって発生したシミをなんとか目立たなくさせようとするよりも、発生しないように事前に対策を施したり、お肌の奥に潜んでいるシミの卵をシャットアウトすることの方が大事だということを知っていましたか。

医学界がQOLを重視する空気に包まれており、製造業に代表される日本経済の進歩と医療市場の拡充により、美容外科(Cosmetic Surgery)は4~5年前ぐらいから最も人気のある医療分野であろう。

爪の生成行程は木の年輪のように刻まれるものであるが故に、その時点の健康状態が爪に反映されることが多く、髪の毛と等しくすぐに視界に入って気付きやすいため健康のバロメーターとも言われる。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という造語には、様々な身体機能にダメージを被った人のリハビリに等しく、顔や体の外観に損傷を受けた人が新たな社会生活を送るために学習する技能という意味を持っています。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*