日本人が「デトックス」に惹かれる最も大きな理由は、…

日本人が「デトックス」に惹かれる最も大きな理由は、我々が暮らす環境の汚染だろう。空気や土壌は化学物質で汚れ、野菜などの食物には化学肥料や害虫予防の農薬が多くかけられていると言われているのだから無理もない。

身体中に分布しているリンパ管に沿うように動いている血の流動が鈍くなると、人体に欠かせない栄養や酸素が隅々まで届きにくくなり、不要な脂肪を増量させる原因になるのです。

肌の弾力を司るコラーゲンは、一年中降り注ぐ紫外線に当たってしまったり化粧品による刺激を与えられてしまったり、仕事などのストレスが積もり積もって、失われ、最後には製造することが困難になっていくのです。

化粧の欠点:涙が出たときにまさに修羅のような怖い顔になってしまう。わずかにミスしてもケバくなってしまい地雷を踏む羽目になる。顔をごまかすには甚だ苦労する事。

美容整形をおこなう美容外科は、正式には外科学のジャンルで、医療目的の形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは異なっている。更に、整形外科学とも間違われることがよくあるがまったくもって分野が異なっている。

最近よく耳にするデトックスとは、人間の体内に蓄積された様々な毒を体の外へ出すという健康法のひとつで美容術というよりも代替医療に分類されている。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」の短縮形から派生した。

メイクアップのメリット:新しい製品が発売された時の物欲。メイク前の素肌とのギャップに萌えを感じる。いろんな化粧品に資金を費やすことでストレス発散につながる。メイク自体の楽しみ。

リハビリメイクという新しい言葉には、様々な身体の機能にダメージを受けた人のリハビリテーションと同様に、容姿に損傷を被った人がもう一度社会へ踏み出すために身につけるスキルという意味が含まれています。

それぞれ患者によって肌の質は異なりますし、先天性のドライスキンなのか、もしくは生活習慣など後天的なものによるドライスキンなのかというタイプによって対応方法が違ってきますので、充分注意が必要なのです。

そういう時に大多数の皮膚科医が利用するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬と併用すれば6ヶ月前後で回復に導くことができる患者が多いとされている。

「デトックス」法にはリスクやトラブルはまったくないと言えるのだろうか。そもそも身体に蓄積するとされる「毒」というのは一体どんな性質のもので、その「毒素」は「デトックス」の効果で体外へ排出されるのか?

美容外科(Cosmetic Surgery)というものは、身体の機能上の損壊や変形部の修正よりも、専ら美的感覚に基づいて人の体の外観の向上を主軸に据える医学の一種で、自立している標榜科目である。

よく女性誌や美容本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、ダイエットできるし、デトックスされる、免疫力の向上など、リンパ液を流しさえすればすべてのことがOK!というフレーズが掲載されている。

ターンオーバー(新陳代謝)が乱れがちになると、様々な肌の老化現象や肌トラブルを引き起こします。老けて見えるしわ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインが下がるたるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、書きだしてみたらキリがないほど大変です。

多くの女性が「デトックス」に魅力を感じてしまう理由として考えられるのは、私達が生活している環境の悪化だろう。大気や土壌は化学物質で汚れ、コメなどの食物には作用の強い化学肥料や危険な農薬がたっぷりかけられているとまことしやかに囁かれているのだから無理もない。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*