明治時代の末期、洋行から帰ってきた女性たちが、洋髪…

明治時代の末期、洋行から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介したことから、これらを言い表す単語として、美容がけわいの後続として扱われるようになった。

「デトックス」という言葉そのものはそんなに目新しくはないが、これはあくまでも「健康法」や「代替医療」のひとつだと捉えており、医師が施す治療行為とは別物であると把握している人は多くないようだ。

外観を装うことで精神が活発になって大らかになるのは、顔に悩みの有る人も無い人も一緒のことです。私たちはリハビリメイクを自分で元気になる最善の方法だと認識しています。

我々日本人が「デトックス」に興味を抱く理由の一つに挙げられるのは、私たちが暮らす環境の汚染だ。大気や土壌は化学物質で汚れ、食材には不自然に成長を促す化学肥料や危険な農薬が多くかけられていると噂されているのだから無理もない。

下まぶたに大きなたるみが生まれると、全ての人が本当の年齢よりずっと老けて見えます。フェイスラインの弛みは多くありますが、中でも下まぶたは最も目につく部位です。

メイクのデメリット:お肌への刺激。毎日面倒くさくて仕方がない。金がやたらとかさむ。物理的刺激で皮膚が荒れる。何度もメイク直しやフルメイクをする時間がもったいないこと。

美容外科(Plastic Surgery)とは、ヒトの身体の機能上の欠損や変形を修復するよりも、専ら美的感覚に基づくヒトの身体の容姿の向上を目指すという医学の一つで、独自性を持った標榜科目でもあるのだ。

美容目的で美容外科の施術をおこなったことに対し、恥という気持ちを抱いてしまう人も結構多いので、施術を受けた人たちの名誉と個人情報を冒涜しないように気配りが特に重要だ。

肌の美白ブームには、1990年代前半からすぐに女子高校生などに広まったガングロなど、不自然なほど異常に日焼けする奇異なギャル文化への反論的な意見が入っているのだ。

化粧の短所:泣いた時にまさしく阿修羅のような怖い顔になってしまう。僅かに多くなっただけでケバくなってしまい地雷になってしまう。ごまかすのにも甚だ苦労する。

スカルプケアの主な目標は髪を健康にキープすることにあります。髪の毛に潤いがなくパサパサして艶がなかったり抜け毛が増加するなど、多数の人が髪の困り事を持っているのです。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を配合している美肌水は肌に優しく、ドライ肌の方に有効な化粧水です。防腐剤や香料などを使用していないため、皮膚の敏感な方でも使用することができます。

身体に歪みが起こると、内臓は互いに押し合って、つられてその他の臓器も引っ張り合い、位置の移動、臓器の変形、血液・細胞の組織液・ホルモン分泌などにもあまり良くない影響をもたらします。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、体にダメージを受けた人のリハビリと同様に、顔や身体の外見に損傷を被った人が新たな社会生活を送るために教わる手法という意味があるのです。

日本に於いて、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみや茶色いシミの無い状態を望ましいと思う美意識が前からあり、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。

マユライズNAVI

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*