本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が狂うと…

本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が狂うと、様々なお肌の老化現象や肌トラブルが出現します。シワ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・嫌な吹き出物・突っ張るような乾燥など、まだまだ言い出したらキリがないほどです。

歯の美容ケアが必要と感じている女性は増加傾向にあるが、行動に移している人はさほど多くはない。その理由で最多なのは、「自分だけではどうやってケアしたらよいのか分かりにくい」ということらしい。

本来、健やかなお肌の新陳代謝は4週間毎のサイクルで、常時細胞が作られ、日々刻々と剥落しています。こうした「毎日の生まれ変わり」によって皮膚は若々しさを保ち続けています。

たくさん汗をかいて体のなかの水分が少なくなってくると尿の量が減らされて代わりに体温調節に欠かせない汗用の水分が溜められるため、この余計な水分が使われずにむくみの要因になっていることは、あまり知られていません。

貴方は、果たして自分の内臓は元気だと断言できる自信がどのくらいありますか?“痩せられない”“すぐに肌が荒れる”などの美容のトラブルにも意外なようですが内臓の健康状態が関係しているのです!

内臓の健康の度合いを数値で計測してくれる特別な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、自律神経のコンディションを調査することで、内臓の問題がモニタリングできるという便利なものです。

更に日々の生活のストレスで、メンタルな部分にも毒素は山のごとく蓄積していき、体調不良も招く。この「心身ともに毒だらけ」という感覚が、現代人をデトックスに駆り立てるのだろう。

元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)はヒトの細胞間に多く含まれており、水分の維持や衝撃を和らげる緩衝材の役割を担って大切な細胞を守っていますが、老化にともなって体の中のヒアルロン酸は減っていくのです。

目の下の弛みが生まれると、男性でも女性でも本当の年齢よりも4~5歳は老けて映ることでしょう。フェイスラインのたるみには色々ありますが、中でも目の下は特に目につきます。

知らない内にパソコンのモニターに集中しすぎて、眉間にはしわ、更に口角の下がったへの字ぐち(因みに私はこの形を「富士山口」と勝手に呼んでいます)になっているのでは?これはお肌の大敵です。

日本において、皮膚が白く淀んだくすみやシミが存在しない状態を好ましく捉える習慣が現代よりも昔から広まっていて、「色の白いは七難隠す」という諺もある。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と関係している事の中で肌の慢性的な炎症(掻痒感等)が現れるもので皮ふ過敏症の一種だ。

メイクの短所:泣くと修羅そっくりの恐ろしい形相になってしまう。うっかり多くなっただけで下品になって自爆してしまう。顔の造形をごまかすのにも限界がある点。

明治末期、洋行帰りの女たちが、洋風の髪型、洋服、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に持ち込んで紹介し、これらをひっくるめた言葉として、美容がけわいの代替えとして使われるようになったとされている。

デトックス法というものは、様々なサプリメントの利用や温泉などで、そうした体の中にある有毒な毒素を体の外へ出そうとする方法のひとつを指している。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*