浮腫む要因はたくさんありますが、気候の作用も少なか…

浮腫む要因はたくさんありますが、気候の作用も少なからずあるということを知っていますか。気温が上がり水分を多く摂り、汗をかく、この時期にこそ浮腫みになる因子が存在します。

皮ふが乾燥する要因である角質層の細胞間脂質と皮脂の縮小は、アトピー性皮膚炎などの先天的な要素によるものと、逃れようのない老化やスキンケアコスメなどによる後天的な要素によるものが存在します。

さらに毎日のストレスで、メンタルな部分にまで毒はどんどん蓄積していき、体の不具合も起こす。この「心身ともに毒まみれ」というような不安こそが、多くの人々をデトックスへと駆り立ててやまない。

どっちにしても乾燥肌が生活や環境に大きく起因しているというのなら、いつものちょっとした癖や習慣に注意するだけで大体のお肌の問題は解決するのです。

皮膚の美白ブームは、1990年代前半からあっという間に女子高生などに受け入れられたガングロなど、酷く日焼けする奇異なギャルファッションへの批判的な意味合いが存在するのだ。

歯の美容ケアが肝要と理解している女性は確かに増加しているが、実生活に取り入れているという人はそんなに多くはない。最多の理由が、「どうやってケアすればよいか情報がない」というものらしい。

「デトックス」術に問題点やリスクはまったく無いのだろうか。だいたい、体の中に溜まるとされる毒というのはどのような物質で、その「毒素」は「デトックス」の力で体外へ排出できるのだろうか?

残業、飲み会、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や朝食の準備…。肌に良くないということは承知していても、実のところ8時間もの睡眠時間を確保できない人が大半を占めると思います。

日本皮膚科学会の判断基準は、①激しいかゆみ、②特殊な皮疹とその分布場所、③慢性的で反復する経過、3点全部チェックが入る疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」と呼びます。

夏場に汗をかいて体のなかの水分量が減ってしまうとおしっこが減らされて体温調節に必要な汗のための水分が溜められるために、この蓄積分の水分がそのまま不愉快なむくみの要因になっていることは、あまり知られていません。

中でも就寝前の歯磨きは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、就寝前はきちんと歯を磨くことをおすすめします。ただし、歯のブラッシングは何度も行えば良いというものではなく、1回1回の質をアップさせることが大切なのです。

「デトックス」という言葉そのものはそんなに目新しくはないが、あくまでも健康法や代替医療として考えており、医師が施す「治療行為」とは別物であると分かっている人は少ないらしい。

ここ日本では、肌色が明るく黄ぐすみやシミの出ていない状態を望ましいと思う感覚がかなり古くから広まっていて、「色の白いは七難隠す」という諺もある。

美白用の化粧品だと容器などで謳うためには、薬事法を管轄する厚労省に認められている美白有効物質(よく扱われるのはアルブチン、こうじ酸など)が入っている必要があるのです。

美白(びはく)という言葉は2000年以前に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を訴えてブームになったのは記憶に新しいが、もっと前からメラニン色素による様々な皮ふトラブル対策の語彙として使われていたようだ。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*