湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「不特定な場所」とい…

湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「不特定な場所」という意味を持つギリシャ語の「アトポス」から派生して、「何かしらの遺伝的な素因を持つ人だけにみられる即時型アレルギーに基づいた病気」であるとして名前が付けられたのである。

美容とは、化粧や整髪、服飾などの手段で外見をより一層美しく装うために形づくることを言う。かつて江戸時代には化粧(けわい)と同じ意味で使われていたとのことだ。

よく目立つ下まぶたの弛みの改善法で有用なのは、顔のストレッチでしょう。顔にある筋繊維は無意識下で硬直してしまったり、その時の感情に関係していることがあるのです。

この国では、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみや大きなシミが見られない素肌を望ましいと思う習慣が昔から浸透し、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。

且つ、お肌の弛みに大きく結びついているのが表情筋。これは色んな表情を作り出す顔に張り巡らされた筋肉のことです。皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、表情筋の機能も加齢とともに衰えてしまいます。

皮ふの若さを保持するターンオーバー、即ち皮ふが生まれ変わることが可能な時間は極めて決まっていて、深夜寝ている間しかないそうです。

加齢印象を強くする中心的な誘因のひとつが、歯に固着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の外側には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、普段の暮らしの中で黄ばんだ着色や煙草のヤニなどの汚れが付きやすくなります。

美容外科というのは、いわゆる外科学の一種であり、医療を目的としている形成外科とは異質のものだ。更に、整形外科学と混同されやすいのだがこれはまったく違う分野のものである。

アトピー誘因:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)の内一種、又は2つ以上)、IgE 抗体を生成しやすい因子、等。

日本皮膚科学会の判断基準は、①酷いかゆみ、②独自の発疹とその広がり方、③反復する慢性的な経過、3つすべてに当てはまる病気を「アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」といいます。

美肌に欠かせないコラーゲンは、日光の紫外線を浴びてしまったり物理的なダメージを与えられたり、仕事など心身両面のストレスが積もり積もって、損傷を受け、遂には作られにくくなってしまうので注意が必要です。

アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)を投薬だけで完治させようというのは残念ながら無謀な事です。生活習慣や楽しいことなどライフスタイル全体のルールまで視野を広げたような治療方法が必要となります。

皮ふの奥で誕生した肌細胞は徐々に皮ふの表面へと移動し、結果的にお肌の表面の角質となって、約4週間経てばはがれ落ちます。このシステムこそがターンオーバーというわけです。

貴方には、ご自分の内臓が元気で健康だと断言できる根拠がどれだけあるでしょうか?“全然痩せない”“肌荒れが気になる”などの美容に関するトラブルにも、実を言うと内臓の状態が深く関係しています!

日本の医療全般がクオリティ・オブ・ライフ(QOL)を大切に捉える傾向にあり、物づくりに代表される経済の発達と医療市場の急速な巨大化により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は現在人気のある医療分野だということは間違いない。

マユライズ 購入

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*