爪の生成される様子はまるで年輪のように刻まれるもの…

爪の生成される様子はまるで年輪のように刻まれるものであるために、その時の体調が爪に反映されることが多く、髪の毛と共通するようにすぐに見えて理解しやすいことから健康のバロメーターとも呼ばれているのだ。

美白もしくはホワイトニングは、メラニン色素が薄く、より一層白肌を重視した美容の観念、或いはこのような状態の肌のことだ。主に顔面の皮膚について用いられる言葉である。

ネイルケアそのものは爪を更に良い状態に保っておくことを目標にしている為、爪の変調を知っておくとネイルケアのテクニック向上により役立つし何より無駄がないのだ。

気になる目の下のたるみを改善・解消する方法で最も効果的なのは、顔面のストレッチです。顔面にある筋肉は特に意識していないのに固まっていたり、その時の気持ちに関わっていることがままあるようです。

現代を生きる私達は、毎日毎日体内に蓄積されていくという凶悪な毒を、色んなデトックス法を試して出し、何としてでも健康な体を手中に収めたいと皆努力している。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を配合して作られた美肌水は低刺激で皮膚に優しく、皮ふが乾燥しやすい人におすすめです。防腐剤や香料など一切加えておらず、肌の敏感な方でも使用できるのが特長です。

ついつい時間を忘れてモニターに集中しすぎて、眉間にしわを寄せ、その上に口角の下がったへの字口(余談ですが私はこの形をシルエットがそっくりなので「富士山ぐち」とも呼んでいます)をしているのではありませんか?これはお肌にとって最悪です。

仕事、終電帰りの食事会、深夜に至るスポーツ中継・次の日のお弁当や朝食の下準備…。お肌に良くないということは知っていても、本当は8時間もの睡眠時間を持てていない方がほとんどではないでしょうか。

明治時代の終わり頃に海外から帰ってきた女性たちが、洋風の髪、洋服、洋式に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介し、これらを新たに言い表す単語として、美容がけわいの後継として使用されるようになったと言われている。

お肌の透明感を作り出すターンオーバー、要は肌を入れ替えることが出来る時間帯は決まっていて、それは夜に就寝している間しかないそうです。

女性が読む雑誌においてまるでリンパ液の滞りの代表格みたいに書かれる「浮腫」には大きく2つに分けると、体の中に病気が潜伏している浮腫と、特に健康面で問題のない人でも現れる浮腫があるということだ。

ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の隙間にたくさんあり、水分維持や衝撃を吸収するクッションの効果によって大切な細胞を防護していますが、年齢を重ねるにつれて体内のヒアルロン酸はどんどん減っていきます。

スキンケアコスメによる老化対策「老け顔」から脱出!お肌の性質を把握して、自分にぴったり合う化粧品を選択し、適切な肌ケアして「老け顔」に別れを告げましょう。

加齢印象を与えてしまう重要な要因のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、見えない凸凹があり、毎日の暮らしの中で黄色い着色や煙草の脂などの汚れが溜まりやすくなります。

美容外科(plastic surgery)は、正確には外科学の中の一分野であり、医療に主眼を置いた形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作る、surgery…外科)とは異質のものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と間違われやすいのだがこれとはまったく分野が異なっている。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*