現代を生きている私達は、一日毎に体の中に蓄積されて…

現代を生きている私達は、一日毎に体の中に蓄積されていく凶悪な毒を、多様なデトックス法を試用して体外へ排出し、絶対健康体を手に入れたいと皆努めている。

ドライ肌は、皮ふの角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が水準よりも縮小することで、表皮にある水分が蒸発し、お肌がカサカサに乾燥してしまう症状なのです。

メイクのデメリット:ランチタイムには化粧直ししなければいけない。メイク落としをして素顔に戻った時の落差。化粧品の出費が案外痛い。メイクしてからでないと家から出られない強迫観念に近い呪縛。

スカルプの状況が悪くなってしまう前にきちんと手入れして、健康的な状態を保つほうが賢明です。コンディションが悪くなってから注意し始めても、改善までに時間がかかって、加えて費用も手間も要ります。

審美歯科は、美しさを主軸に据えた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯が担う役目には物を噛むなどの機能的な一面と、審美面があるが、両者ともに健康という観点では大切な要素なのだ。

夏場にたくさん汗をかいて身体のなかの水分量が減少してくるとおしっこの量が減らされて汗のための水分が蓄えられるため、このだぶついた水分そのものがあの浮腫みの原因になっているのです。

どこにも問題のない健康な体に生じる浮腫だが、これは当たり前のこと。特に女性は、脚のふくらはぎの浮腫を気にするようだが、ヒトであれば、下半身がむくむということはいたって一般的な状態なので気にし過ぎない方が良い。

化粧の短所:涙が出てしまうとあたかも修羅のような怖い形相になる。少しだけ多くなると下品になったり自爆する羽目になる。ごまかすのにも限界というものがあること。

アトピーは「限定されていない場所」という意味のアトポスというギリシャの言語を語源としており、「何かしらの遺伝的な原因を持つ人にみられる即時型アレルギー反応に基づく病気」のことを指して名付けられた。

化粧の長所:新しい製品が発売された時の楽しさ。メイク前の素肌とのギャップに楽しさを感じる。いろんな化粧品に費用をかけるとストレス発散につながる。メイクアップ自体の楽しみ。

よく耳にするピーリングとは、老化してしまった不要な角質層をピール(peel:皮を剥くの意味)し続けることによって、生成されて間もないきれいな皮膚(角質層)に入れ替え、ターンオーバーを促す効果の出やすい美容法です。

レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、頑固な色素の強いシミを短い期間で薄くして目立たなくするのにいたって優れた治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・紫外線が原因の肝斑(かんぱん)・しつこい吹き出物などに用いられます。

20代、30代になってから発生する難治性の“大人ニキビ”の患者さんが多くなっている。もう10年以上もしつこい大人のニキビに悩み続けている方々が皮膚科のクリニックを訪問している。

メイクアップの長所:メイク後は自分の顔立ちをいつもより好きになれること。顔にたくさん点在する面皰・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷を上手に隠せる。徐々に可愛くなっていく楽しさや新鮮味。

アトピー主因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)の内一つ、または2つ以上)、IgE 抗体を生み出しやすい要因、等。

マユライズ 副作用

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*