男女問わず浸透してきた頭皮ケアは通称スカルプケア(…

男女問わず浸透してきた頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれるお手入れ方法です。スカルプは髪の困り事である「脱毛」「薄毛」などにとても大きく関係すると同時に、フェイスラインの弛みなどにも影響を及ぼすと考えられています。

ドライ肌は、肌(皮ふ)のセラミドと皮脂の量が通常のレベルよりも減衰することで、表皮にある水分が蒸発し、肌がパリパリに乾燥する症状を示します。

美容雑誌でリンパの滞留の代表格であるかのように表現される「浮腫」には大きく2種類に分けて、体内に潜んでいる病気によるむくみと、健康体にも起こる浮腫があると考えられている。

加齢印象を強める主要な誘因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、毎日の暮らしの中で茶色い着色やタバコのヤニなどの汚れがこびり付いていきます。

アトピー誘因:家族歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)の中から一つ、もしくは2つ以上)、IgE 抗体を生産しやすいと思われる原因、等。

このコラーゲンというものは、日光の紫外線に直接当たってしまったり何らかの刺激を長期間に渡って受けてしまったり、肉体的・精神的なストレスが溜まったりすることで、組織を壊され、最後には生成することが難しくなっていくのです。

クマを消そうとの一心で自己流マッサージをしてしまう人がいるようですが、ことさら目の下は敏感なので、強く手を動かすだけの粗っぽいマッサージであれば良い効果は期待できません。

知らない内にパソコンに集中しすぎてしまい、眉間に縦じわ、なおかつ口角を下げたへの字(因みに私はこの形をシルエットから取って「富士山ぐち」と呼ぶこともあります)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。

私たちが提唱するリハビリメイクには、様々な身体機能にダメージを被った人のリハビリに等しく、容姿に損傷を受けてしまった人が再出発するために備える能力という側面があります。

特に寝る前の歯のケアは大切。“蓄積くすみ”を除去するため、就寝前は丁寧に歯をブラッシングすることをおすすめします。ただし、歯磨きは回数が多ければ良いというものではなく、質をアップさせることが肝要です。

ホワイトニングというのは、黒色色素の沈着が少ない、より一層明るい肌を目指すという美容の観念、またはこのような状態の肌そのものを指す。主に顔の皮ふについて使われる。

メイクアップのデメリット:皮ふへの影響。毎朝の化粧がうっとうしい。化粧品を買う費用がかさむ。皮膚が荒れる。何度もお化粧直しやお化粧をするので時間の無駄だということ。

20才を越えてから出現する、治りにくい“大人のニキビ”の女性が増加しているようだ。10年もの間この大人のニキビに悩まされてきた方々が皮膚科の医院に救いを求める。

お肌の若々しさを作り出すターンオーバー、言いかえるとお肌が生まれ変わることができる時間というのは極めて限られており、日が落ちて夜眠る時だけだと考えられています。

日本皮膚科学会の判断の目安は、①掻痒感、②特殊な皮疹とその場所、③慢性で反復性もある経過、3つ全部当てはまる病気を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」といいます。

マユライズ 使い方

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*