紫外線によって作られたシミを薄くしようとするよりも…

紫外線によって作られたシミを薄くしようとするよりも、できてしまわないようにあらかじめ対策を施したり、肌の奥に隠れているシミの予備軍を防御する方が肝要ってご理解いただけましたでしょうか。

歯の美容ケアが大切だと認識している女性は増加しているものの、実際にしている人はそう多くはない。一番多い理由が、「自分一人ではどのようにケアすればよいかよく分からない」ということだ。

湿疹や掻痒が特徴のアトピーとは「場所が不特定」という意味を持つギリシャ語「アトポス」から派生し、「遺伝的な原因を保有している人だけに出現する即時型アレルギー反応に基づく病気」であるとして名付けられたと考えられている。

美容整形をおこなう美容外科というのは、いわゆる外科学の中の一つで、医療を目標とした形成外科学(plastic surgery)とは異質のものだ。また、整形外科学とも混同されやすいのだがまったく違う分野のものである。

ピーリングというものは、老化してしまった不要な角質をピール(peel:はぐの意味)し、新しくて化粧ノリの良い角質層に入れ替え、ターンオーバーを28日周期に近付けようとする外からの美容法です。

頬やフェイスラインの弛みは老けて見られる主因です。皮ふのハリや表情筋の硬化が弛みをもたらしますが、それ以外に普段おこなっているささいな癖も原因になります。

思春期は過ぎているのに発現する難治性の“大人ニキビ”が増加しているようだ。もう10年以上大人ニキビに苦痛を感じている人達が皮膚科の医院にやってくる。

よく女性誌や美容本には、小顔になって肌がきれいになり、ダイエット成功、デトックスされる、免疫力の増進など、リンパ液を流せば全てが思い通り!という嬉しくなるようなフレーズが軒を連ねている。

アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)をお薬の力だけで治そうとするのには残念ながら無謀な事です。生活習慣や楽しめる趣味などライフスタイルすべての在り方まで拡大したような治療が欠かせません。

残業、終電帰りの食事会、深夜のスポーツ観戦・翌日の夫のお弁当やご飯の下準備…。お肌に良くないというのを分かっていても、実際は満足できるだけの睡眠時間を持てていない人が大半を占めると思われます。

睡眠時間が不足すると人の肌にはどんな悪影響を与えるのかお分かりですか?その代表格は肌のターンオーバー(新陳代謝)の遅れです。お肌の生まれ変わる速度が遅くなる原因になってしまうのです。

頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは実年齢より老けて見られる要因に。お肌の弾力や表情筋の硬化が弛みを引き起こしますが、実を言えば日常生活における何気ない癖も原因になるのです。

美白は、黒色色素が少ない、より明るい肌を理想とする美容分野の観念、あるいはこのような状態のお肌そのものを指す。大抵は顔の皮ふについて使用される言葉である。

現代社会を暮らす私たちには、人間の体内には体に悪い影響を与えるケミカルな物質が溜まり、さらに自分の体内でも活性酸素が次々と作られていると言われているようだ。

日本において、肌が透き通るように白くて淀んだくすみや目立つシミが見られない素肌を理想とする美意識が相当古くから浸透し、「色の白いは七難隠す」という有名な諺もある。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*