美容にまつわる悩みを解消するには、初めに自分の臓器…

美容にまつわる悩みを解消するには、初めに自分の臓器の元気度を調査してみることが、よりきれいになるための近道といえます。それならば、一体どんな方法を使えば自分の臓器の具合を確認するのでしょうか。

貴方は、果たして自分の内臓は健康であると断言できるほどの自信があるのでしょうか?“痩せない”“肌が荒れる”といった美容のお悩みにも、意外に思われるかもしれませんが内臓の調子が関係しています!

昼間なのに普段さほどむくまない顔や手がむくんでいる、よく眠っているのに下肢の浮腫が取れない、などの場合は病気が潜んでいる可能性があるのでかかりつけ医の適切な診療が必要だということを強く意識する必要があります。

日中なのに、いつもはさほど浮腫まない顔や手がむくんでいる、十分な睡眠を取っているのに両脚のむくみが取れない、などは疾患が原因かもしれないので内科医による適切な診療を早く受けることが重要です。

現代社会を暮らすにあたっては、ヒトの体内には体に悪影響を及ぼすという化学物質が取り込まれ、あろうことか自分の体内でも活性酸素が誕生していると言い伝えられているようだ。

現代を生きていく私たちには、体の内部には人体に良くない影響を及ぼすケミカルな物質が溜まり、さらには自らの体の中でも活性酸素が生産されていると言われているようだ。

「デトックス」というワードはさほど目新しいものではないが、これは間違いなく代替医療や健康法の一種であり、医師による治療とは一線を画すものであることをわかっている人は意外なほど少ないのだ。

最近よく耳にするネイルケアとは、手足の爪や指先の手入れ全般を指す言葉。健康、ビューティー、皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といった多彩な場面で活躍しており、今やネイルケアはなくてはならないものと言うことができる。

肌が乾燥する要因の一つである角質細胞間脂質と皮脂分泌の縮小は、アトピー性皮膚炎のように遺伝子レベルの要素によるものと、年齢や基礎化粧品などによる後天的な要素によるものに分けられます。

メイクの長所:メイク後は自分の顔立ちを少し好きになれる。顔に点在しているニキビ・黄ぐすみ・毛穴の開き・そばかす・傷等を隠すことが可能。ゆっくりとかわいくなっていくワクワク感。

美容外科とは、要は外科学の一分野で、医療中心の形成外科学(plastic surgery)とは別のものである。また、整形外科学とも勘違いされることがよくあるがこれは全く分野が異なっている。

メイクの短所:涙が出たときにあたかも阿修羅のような恐ろしい顔になってしまう。うっかり多くなっただけでケバくなってしまいみすみす地雷を踏むことになる。顔をごまかすには骨が折れる。

肌の乾燥によるかゆみの原因のほとんどは、老化に縁る角質の細胞間脂質と皮脂の下落や、クレンジングなどの頻繁な洗浄に縁る肌の保護機能の落ち込みによって誘引されます。

我が国において、皮膚が白く黄ぐすみや茶色いシミが見られない状態を好ましく捉える習慣が現代より前からあって、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)を服薬の力だけで治そうというのには残念ながら無理があります。習慣や楽しめることなどライフスタイル全ての捉え方まで拡げたような治療が必要だといえます。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*