美容外科というのは、正しくは外科学の一分野で、医療…

美容外科というのは、正しくは外科学の一分野で、医療に主眼を置く形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは違うものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と勘違いされがちであるが全然分野の異なるものだ。

体に歪みが起こると、臓器同士が押し合うため、他の内臓も引っ張り合ってしまい、位置の移動、変形、血液や組織液の生産、ホルモンの分泌等にも悪い影響を与えるということです。

どうにかしようとの一心で自己流のマッサージをする人もいるようですが、特に目の下は薄くて敏感なので、雑に擦るように力を入れるだけの粗っぽいマッサージであれば良い効果は期待できません。

肌の生成に欠かせないコラーゲンは、特に夏の強烈な紫外線に直接当たったりダメージを長期間に渡って受けてしまったり、日々のストレスが少しずつ溜まっていくことで、組織を破壊され、遂には製造することが困難になっていくのです。

健やかな肌のターンオーバー(新陳代謝)は4週間のサイクルになっていて、一日毎に肌細胞が作られ、一日毎に剥落し続けているのです。これらの「毎日の生まれ変わり」によって私たちの肌は若々しさを保ち続けています。

20代になってから発生する難治性の“大人ニキビ”の症例が増加傾向にある。10年以上しつこい大人のニキビに困っている多くの女性が皮膚科を訪問している。

よく女性誌や美容本には、小顔になる、肌が美しくなる、痩身効果があるし、デトックス効果が期待できる、免疫力の増進など、リンパを流しさえすればすべて解決する!という華やかな謳い文句が載っている。

乾燥肌とは、お肌に含まれるセラミドと皮脂分泌の量が標準値よりも減退することで、皮膚にある水分が揮発し、お肌がパリパリに乾燥する症状を指し示しています。

下まぶたの弛みの解消・改善法で最も有用なのは、顔面のストレッチでしょう。顔の筋繊維は特に意識していないのに固まってしまったり、感情に左右されている場合が頻繁にあるようです。

ピーリングは、役目を終えた不要な角質をピール(peel:皮を剥くの意味)し続けて、まだ若いトラブルのない角質に入れ替えるという効果の出やすい美容法です。

掻痒などに悩まされるアトピー性皮膚炎の要因には、1.腸内や皮膚、肺や口腔内等による細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な問題、3.栄養、4.環境面での問題、5.これ以外の説などを列挙することができる。

本国における美容外科の経歴において、美容外科が「しごく真っ当な医療分野」であるとの評価と地位を獲得するまでに、意外と時間を要した。

乾燥肌による痒みの要因の殆どは、歳を取ることに縁る角質層の細胞間脂質と皮脂の量の減量や、せっけんなどの頻繁な使用に縁る皮膚のバリア機能の劣化によって出現します。

老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは老廃物や余った脂肪が集合することで徐々に悪化します。リンパ液の動きが遅くなると老廃物が溜まって浮腫んだり、余分な脂肪が溜まりやすくなり、たるみの素になります。

美容とは、化粧や結髪、服飾などの方法で容姿や外見を更に美しくするために形作ることをいう。実は江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使用されていた。

マユライズ 使用方法

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*