美容外科(cosmetic surgery)は、正…

美容外科(cosmetic surgery)は、正確には外科学の中の一分野であり、医療に主眼を置く形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違う。更に、整形外科学とも間違われることがよくあるがこれはまったく分野違いである。

スカルプの状況が悪化してしまう前にきちんとケアして、健康的なコンディションをキープしましょう。悪化してからケアし始めたとしても、改善までに時間を要し、お金もさることながら手間も要ります。

どうにかしたいという気持ちから自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう人もいますが、目の下の皮膚は薄くて弱いので、雑にゴシゴシと力をかけるフェイシャルマッサージであれば止めておいたほうが良いでしょう。

肌の弾力を司るコラーゲンは、特に春から夏にかけての強い紫外線に直接当たってしまったり様々なダメージを繰り返し受けてしまったり、心や体のストレスが徐々に溜まったりすることで、損なわれ、終いには製造することが難しくなっていくのです。

本来、肌の新陳代謝は4週間周期になっており、何時も肌細胞が誕生し、何時も剥落し続けています。こうした「毎日の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しさを保持しています。

医学界がQOLを大切に捉える風潮にあり、経済の発展と医療市場の巨大化により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は現在最も人気のある医療分野のひとつだ。

美白(びはく)という考え方は95年から99年頃にかけて美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が推奨して流行したのは記憶に新しいが、それより前からメラニン色素の増加による黒ずみ対策に用いられていた。

なんとかしてキレイに見せたいとの一心から自己流のマッサージをする人もいますが、目の下の表皮は薄くて繊細なので、ゴシゴシとこするように力をかける粗っぽいフェイシャルマッサージは不適当です。

スカルプケアのメインの役割とは健康的な髪をキープすることです。毛髪に水分がなくパサパサしたり抜け毛が増えるなど、たくさんの方が頭髪のトラブルをお持ちなのです。

ピーリングは、役目を終えた角質層をピール(peel:皮をはぐの意味)することにより、生成されて間もない整った角質層に入れ替えて、新陳代謝を正常化する効果の出やすい美容法です。

肌の奥で生み出された肌細胞は少しずつスローペースで皮膚の表層へと移動し、しばらくすると角質層となって、約28日経つと剥がれていきます。このシステムこそがターンオーバーなのです。

日本の美容外科の変遷において、美容外科が「正しい医療分野」との見解を獲得するまでには、案外長い時間がかかった。

乾燥肌による痒みの要因のほとんどは、年齢を重ねることによる角質層の細胞間脂質と皮脂の減退や、せっけんなどの頻繁な使用による皮膚のバリア機能の無力化によって発現します。

元来ヒアルロン酸は細胞と細胞の隙間に多く存在しており、水分を保ったり衝撃を和らげるクッション材の効果で大切な細胞を守っていますが、加齢に従い体内のヒアルロン酸は少しずつ少なくなるのです。

よく美容誌でまるでリンパの滞りの代名詞であるかのように表現されている「むくみ」には大きく2つに分けて、体の中に潜んでいる病気によるむくみと、病気ではない人でも起こる浮腫があると考えられている。

マユライズ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*