美白(びはく)という概念は90年代の終わり頃に美容…

美白(びはく)という概念は90年代の終わり頃に美容研究家の鈴木その子が提案してブームにまでなったが、1990年代前半にはメラニンの沈着による様々な肌トラブル対策に対し使われていたようだ。

皮膚が乾燥する原因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の減少は、アトピー性皮膚炎など遺伝に縁るものと、老化現象や化粧品や洗浄料による後天性の要素によるものに分かれます。

何となくPCの画面に集中してしまって、眉間にはシワ、その上口角を下げたへの字ぐち(ちなみに私は別称「富士山ぐち」と名付けました)ではないですか?これはお肌の大敵です。

デトックス法というものは、様々な栄養補助食品の飲用や入浴で、こうした人体の有毒な物質をできるだけ排出してしまおうとする方法のひとつとされているらしい。

なんとなくパソコンのモニターに見入ってしまって、眉間に縦ジワを寄せ、且つへの字口(これを私は別名「富士山口」と呼ぶこともあります)をしていませんか?これはお肌にとって最悪です。

日頃から爪の状況に気を付けることで、僅かな爪の異常や身体の変化に配慮して、もっと自分にふさわしいネイルケアを発見することが可能になるだろう。

メイクの良いところ:新しいコスメが発売された時のドキドキ。自分の素顔とのギャップに萌える。化粧品に費用をかけることでストレスが解消できる。化粧をすることそのものの知識欲。

メイクの長所:自分の顔立ちをちょっとだけ好きになれること。顔に無数に点在する面皰跡・クスミ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等が隠れる。ちょっとずつかわいくなっていく面白さ。

日本の医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(QOL=生活の質)を大切に捉える傾向にあり、製造業を始めとする市場経済の円熟と医療市場の急速な拡大により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)は少し前から最も注目を集めている医療分野であろう。

美容外科(plastic surgery)は、要は外科学の中の一分野で、医療に主眼を置いた形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは違っている。更に、整形外科学と混同されることがよくあるが全然分野が異なっている。

容姿を装うことで精神的に元気になっておおらかになるのは、顔面に悩みを抱えている人もいない人も一緒です。私たちはメイクを自分で元気をもたらす最良の方法だと思っているのです。

さらに挙げると、皮膚のたるみに大きく関わっているのが表情筋。これは色んな表情を生む顔に張り巡らされた筋肉のことです。真皮に存在するコラーゲンと同様、この表情筋の働きも歳を取るに従い鈍化するのです。

内臓矯正(軟部組織マニプレーション)というのは近くの筋肉や骨格が要因で位置がずれた内臓をもともとあった所にもどして内臓の健康状態を高めるという手当なのです。

デトックスという健康法、特別な健康食品の利用や入浴で、こうした体内の有害な物をできるだけ体外へ排出してしまおうとする手段とされているのだ。

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、ヒトの体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら美意識に従って体の外見の改善を目指すという臨床医学の一種であり、独立している標榜科のひとつである。

マユライズ トクトクコース

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*