肌の奥深くで作り出された肌細胞はゆっくりと時間をか…

肌の奥深くで作り出された肌細胞はゆっくりと時間をかけて皮膚の表面へと移動し、最後には角質となって、約28日経てばはがれ落ちます。この仕組みが新陳代謝です。

元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の隙間に多く存在しており、優れた保湿力やクッション材のような役目をして大切な細胞を保護していますが、歳を取るに従い体内のヒアルロン酸は日々少なくなっていきます。

昼間なのに普段むくまないはずの顔や手に酷い浮腫が見られた、しっかり眠っているのに脹脛のむくみが取れない、といった場合は疾患が潜んでいるかもしれないので内科医の適切な処置が必要だということを強く意識する必要があります。

美白用化粧品であることを広告などでPRするためには、薬事法を制定している厚労省に認可されている美白の有効物質(よくあるのはアルブチン、コウジ酸等)を使う必要があるということです。

更に日々の生活のストレスで、精神にも毒素は山のように溜まってしまい、同時に身体の不調ももたらす。「心も体も毒まみれ」というような感覚が、多くの現代人をデトックスへと駆り立ててやまない。

アイカラーなどのアイメイクを落とす時にメイクをきれいに落としたくてゴシゴシと強く洗い続けていると目の周りの肌が傷ついたり炎症を起こしたりして色素沈着を招き、目のクマの原因となるのです。

内臓が元気かどうかを数値で測ってくれる優秀な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、自律神経の様子を測って、内臓が健康かどうかを確認しようという画期的なものです。

メイクの長所:自分自身の顔立ちをいつもより好きになれる。顔に無数に点在する面皰・黄ぐすみ・毛穴・そばかす・ひっかき傷を隠すことが可能。だんだんとキレイになっていくという幸せ。

患者さんによってお肌の性質は違いますし、先天的な要素によるドライスキンなのか、そうではなくて後天性のものによるドライスキンなのかによって対応方法が異なってきますので、細心の配慮が必要なのです。

顔の弛みは不必要な老廃物や脂肪が蓄積することで徐々に促されます。リンパ液の流通が鈍化すると老廃物が溜まり、むくみやすくなり、余った脂肪が付きやすくなり、たるみの要因になります。

メイクアップのメリット:新製品が発売された時の喜び。素顔とのギャップが好き。様々な化粧品にお金をつぎ込むことでストレスが発散される。化粧そのものに面白みを感じる。

たとえば…あなたは今、PCを見ながら頬杖をついているのではありませんか?この癖は手の平の圧力をフルに頬に当てて、肌に対して余計な負荷をかけることに繋がっています。

加齢印象を強くする主だった原因の一つが、歯に固着した”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えないデコボコがあり、日常生活の中で茶色い着色や食物カスの汚れが蓄積しやすくなっています。

身体に歪みが発生すると、内臓は互いに押し合うので、つられてその他の内臓も引っ張り合い、位置の異常、変形、血液・組織液・ホルモンバランス等にも望ましくない影響を及ぼすのです。

メイクアップでは傷などを隠すことに主軸を据えるのではなく、リハビリメイクを通して結果的には患者さんが自らの容姿を認知することができ、復職など社会生活への再出発を果たすこと、またQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも挙げることが理想です。

マユライズNAVI

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*